山陽電鉄がお届けする世界遺産・姫路城前の新築分譲マンション「エスコート姫路 ザ・レジデンス」

エスコート姫路  ザ・レジデンス

デザイン・ランドプラン

歴史を鑑み洗練を辿る。

メインエントランス完成予想図

邸宅の風格を高める重厚感漂う構え。

建物基壇部には城郭建築を彷彿とさせる格調高いエントランスをデザイン。街並みとの親和性に配慮して花壇と生け垣を設えたナチュラルな囲障により、沿道からの視線を緩和し邸宅としての安心感を高めています。さらに採光性の高いダイレクトウィンドウやバルコニーの奥行きが生み出す陰影と柔らかな照明演出が幻想的な雰囲気を創出。この先に広がる特別なやすらぎへと詩情豊かに誘います。

城郭最前席に佇む誇りを昇華した意匠。

端正なグリッドデザインを採用し、絹のように艶やかな白亜を纏う外観ファサード。陽光を受けて眩しいほどに輝き、都市の煌めきと調和する、瀟洒な佇まいです。また、中・上層部とのコントラストを意識して、建物基壇部には、重厚感のあるダークグレーのタイルを貼り分け、美しいグラデーションを演出。時とともに趣を増し、繊細に表情を変える建築美を描きました。

写真

外壁タイル参考写真

写真

外観完成予想図

清楚に邸宅の品格を醸し出す。

エントランスホール完成予想図

美しく時を刻む静謐なる迎賓空間。

奥行きのあるアプローチを抜けると都市の喧噪を忘れ、静けさを護るエントランスホール。外観意匠との連続性を意識した柔らかなナチュラルホワイトの色彩美、ワイドなミラーウォールが創出する空間の広がり、そしてリズミカルに光の列柱を壁面に描く照明演出と相まって、優雅に私邸へと誘います。帰り着く安堵を深め、誇りを持って賓客を招き入れることのできる、気品ある迎賓空間です。

世界的美観が感性を潤す。

屋上庭園完成予想図

この地に住まう歓びを分かち合う屋上庭園。

姫路城周辺に色濃く残る緑景と調和するように、屋上にはここに住まうすべての方が歓びを共有できるプライベートガーデンを描きました。庭園入口にはおもてなしの心を込めて「幸せを運ぶ木」と称されるオリーブのウエルカムツリーをプランニング。さらに姫路城を正面に望む美観と呼応する約20種の瑞々しい彩りを添えました。春ともなると桜色に染まる姫路城下を借景に、うららかな庭園風景を描きます。

  • 写真

    オリーブ

  • 写真

    フイリヤブラン

  • 写真

    アガパンサス

  • 写真

    シマトネリコ

  • 写真

    モッコウバラ

  • 写真

    ローズマリー

  • 写真

    月桂樹

  • 写真

    ハツユキカズラ

※写真はイメージです。

写真

設計・デザイン

瀬戸本淳建築研究室

Chief Architect 瀬戸本 淳

集合住宅、個人住宅や商業ビルなど、関西を中心にさまざまな建築物を手がける。
神戸市建築文化賞、神戸市文化活動功労賞、兵庫県功労者表彰まちづくり功労など受賞歴多数。

優美な姫路城や街並み景観との調和を。この地への敬意を込めた威風堂々たる佇まい。

石垣の連なる中濠通り沿いの情趣ある街並みとの調和を目指して。親しみを感じるデザインを意識しながらも、都市の洗練を象徴する、誇り高い建築美を目指しました。ファサードにおいては質感豊かなタイルを厳選し貼り分けることで美しいグラデーションを描いています。また敷地計画においては、姫路城を悠然と眺める屋上庭園を設え、都市の喧噪を忘れる、心身ともに豊かなひとときをお過ごしいただけます。優美な姫路城のように優大な佇まいを。住まう方の暮らしを、大らかに、そして優しく包容してくれることを願っています。

主な実績 (参考写真)

写真

第7回神戸市建築文化賞など「世良美術館」

写真

第10回・第11回神戸市景観ポイント賞受賞「月光園 鴻朧館」



ページトップへ戻る